<   2018年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

11月の予定

はろうぃーん、ハロウィーン、Happy Halloween(かぼちゃ)
この間まで、ひょっとして今年は冬ってこないんじゃ?って思ってたのにめっきり寒くなりましたね。
さすがの私も衣替えしました。
そしてもう11月。
10月はこの素晴らしい屋外出店日和の中どこにも出店せず一人寂しく粘土こねてました。
インスタやらでひとの出店状況を眺めて涙の日々。
ああ、もう私なんておよびじゃないんだわっ!
ひどいっ!!あの愛の日々はもう遠い・・・・・。
そんな涙のしみこんだ粘土をやっとこさ窯にIN!!!
f0254170_09582980.jpg
f0254170_09582443.jpg
f0254170_09583341.jpg
素焼きたちを処理して釉掛けです。

そんな10月ももう終わり。おとろてぃスピードです。
11月の予定でごんす。

11月1日~7日
富士河口湖紅葉まつり・アートクラフトマルシェ
紅葉回廊っていううとぅくてぃ紅葉パラダイスがあるようで、そのへんの近所らへんでクラフトフェア同時開催です。
なにそれ?どこ?て思うでしょうが私も行った事ないのでイマイチわかりません。
たぶん富士山がみえて湖に近いんやろな~って感じです。
ちょうど紅葉見たいと思っててん!それと富士山と湖と!とお考えのみなさま、ぜひ遊びに来てください。
詳しいことは現地からインスタでお知らせしますのでワタクシのインスタをチェケラー♪

 ←こばやしまみインスタ

11月9~11日
秋のロハス2ndです。今回はブースNo8という恐ろしく端っこでの出店となります。
探してきてね。

11月17日18日
兵庫県は明石市の明石城のもとでの開催です。
HPが募集サイトのしかないという恐ろしさ。
まあ、明石焼きでも食べに来てください。
あと穴子が美味しいんよね。

11月24日(土)
第28階森の手作り市@京都下鴨神社
9月のが延期になったぶんです。
がんばって修復してくださいました。
ありがたや~。寒いので温かくしてお出かけください。

よっしゃ、ほんなら今から車洗いにいってくる!
前回洗ったのがいつか思い出せません。
もうドアの開け閉めをためらうぐらいの汚さで~す(>_<)

クリックよろ~。






陶芸ランキング
[PR]
by atelierhitsujikai | 2018-10-30 10:30 | イベントのこと | Comments(0)

網走番外地

ノンフィクションのファンタジスタ。
吉村昭先生をご存知であろうか?
気になるテーマがあればどこまでも深く探り、事実を調べまくって丁寧に描く。
そう「描く」のである。
まるで自分が見たかのように浮かび上がる光景を描き出す。それが吉村昭である。
f0254170_10070092.jpg
先生が繰り返し題材に選ばれた「北海道開拓史」
明治になって鎖国がとけると、ロシアから蝦夷を守らねばならぬと北海道の開拓が急ピッチで行われる。未開の北の大地は恐ろしく、想像もつかない寒さ。
そんな知られざる北海道を体感できる吉村作品。その重要な拠点である網走監獄を今回は訪ねてみる事としよう。
f0254170_10074216.jpg
f0254170_10073715.jpg
f0254170_10073363.jpg
f0254170_10073158.jpg
f0254170_10072891.jpg

いや、もうやばい!超絶面白い!!楽しい!!
網走監獄博物館はとても広いので2時間かけてようやく一周まわれるぐらい。
「次に来たときは本館からみようね(また行くんかい!)」と決意するほどの広さ、面白さ!
先人たちの苦労と知恵、北端の厳しい自然と生身の人間の弱さと逞しさ、リアルな人形、写真撮り放題!!!
ゲラゲラ笑いながら写真を撮り(そして間違えてほとんど消えた)、たまに解説
「吉村昭先生はね・・・・」

きっと吉村先生も来館されたはず。
ミュージアムショップでは吉村先生の御本も販売しておりました。
f0254170_10072328.jpg
私はあえてのABASHIRIビール。
「破獄」は最近もビートたけし、山田孝之でドラマ化されたりもしていてご存知の人も多いであろう。実在の人物をモデルにした「昭和の脱獄王」の物語。
脱獄を軸に戦争の中を生きる辛さが書かれている。
なんでこんなに苦労せなあかんねん!!!なんも悪いことしてへんのに!!!って叫びたくなるほど理不尽につらい、戦時中の生きづらさが体験できるのでぜひ読んでね。
そして網走監獄博物館で「ここがあの物語のあのシーンのアレか!」とリアル体験。
もうすっごい楽しいからっ!!超☆おすすめ!!

その後網走流氷博物館に行く。
f0254170_10072115.jpg
f0254170_10071993.jpg
f0254170_10071613.jpg
f0254170_10071456.jpg
マイナス20度の流氷体験。
入口でおねえさんが濡れタオルを渡してくれますが、決して顔をゴシゴシ拭いてはいけません。中に入ってブンブンと濡れタオルを振り回すとカッチカチに凍ります。
f0254170_10464909.jpg
f0254170_10464518.jpg
「中の流氷は今年の春にとれた本物の流氷ですよ~」と流氷の新鮮さをアピールしてくるおねえさん。流氷愛を感じます。
私のだ好きな魚「オオカミウオ」冷たい冷たい海水の中で暮らし、サザエを殻ごとくだく強靭なあごを持つ。
昔、須磨水族館でオオカミウオがサザエを砕くシーンの映像を延々1人で見続けたっけ・・・・。
f0254170_10070856.jpg
流氷博物館で買える流氷ソフト。
これがっ!!ものっそ美味しい!!
ぜひ食べてみてね。

その後冷えた体を温めるため、一行は屈斜路湖へと向かいます。
f0254170_10465318.jpg
湖のほとりを掘る。
f0254170_10071191.jpg
足湯・・・・ぬくまる・・・・。
この屈斜路湖、思いのほか楽しくて。
f0254170_10470271.jpg
温泉飲んでゆで卵も食べる。
f0254170_10081849.jpg
設置されてる足湯コーナーは熱すぎて無理。
f0254170_10465915.jpg
やっぱりマイ足湯がいい。
吉村先生も足湯掘ったかなぁ~・・・・。

そんな思いにふけった網走監獄ツアーでした。
「破獄」と「赤い人」読んでぜひ訪ねてみてください。
クリックもぜひ押してってください。




陶芸ランキング
[PR]
by atelierhitsujikai | 2018-10-04 10:55 | 私のこと | Comments(0)