<   2013年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

hannah arendt

映画を観に行ってきました~。

「ハンナ・アーレント」


1960年代のニューヨークに実在した哲学者。
彼女はユダヤ系ドイツ人でホロコーストを生き延びてアメリカに亡命してきた。
そんな彼女がA級戦犯であるアイヒマンの裁判をイスラエルまで傍聴しにいってニューヨーカーズに執筆する。
その原稿は5回に分けてニューヨーカーに掲載されるが、彼女はものすごい非難をあび、大学を追われ、イスラエルに脅され、いやがらせの手紙や、電話がじゃんじゃん・・・・・。


という話。

彼女が書いたのは「アイヒマンは鬼でも悪魔でもなく、凡庸な役人であった。」という事。
もうひとつは「ユダヤ人を統括していたユダヤ人の組織がユダヤ人を収容所に移送する手助けをした。」という事だった。

当時は、ナチス悪!ユダヤ善!!という絶対的な方程式があったのに、それに対してケンカ売ったわけやけど。
まあ、討論の場で、批判に対して華麗に理論的に返すこと!カッコイイ!!

主に世間を怒らせたのは「ユダヤ人組織が移送に加担した」ってとこやってんけど、本当にアーレントが言いたかったのは「凡庸な悪」「思考の停止」やったんよ。

この時代に、これに気づいたのはスゴイよ。
そしてこの問題は永遠に続くよ。

最近の物騒な事件ってほんま「凡庸な悪」と「思考の停止」がもたらしているもの。
アレとか、あの事件とか・・・・。

悪は決して恐ろしい風貌をしているわけではなく、平凡で、普通で、やさしくて、勤勉でさえあるかもしれない・・・・。

アイヒマンもすごくまじめで働き者で、できる役人やったんよ。
ただ任務が、「効率よく、大量のユダヤ人を収容所に送り込む」って事やっただけで。


じゃあ、アイヒマンは無実だったのか?許されるべきだったのか?と怒り狂う人々にアーレントはきっぱりと答える。


「許すこと」はできないが「理解する」必要がある!!

あ~、かっこよかった。
本当に頭のいい女性だったんでしょうなぁ。
ひっきりなしにタバコを吸って、ワインを飲んでたけど。
そして60年代のアメリカは激烈にカッコイイ。

来世は60年代に生きるアメリカ人になりたい。

大阪はガーデンシネマで上映してるのでぜひ観に行って~。


え?
遊んでばっかりで陶芸してるのかって?


してますがな~。
近いうちに12月の活動報告させていただきます 

f0254170_21514677.jpg

[PR]
by atelierhitsujikai | 2013-11-30 21:56 | おでかけのこと | Comments(2)

snow man

おでかけばっかりして陶芸やってるんかいな~?とお思いでしょう。


やってません。

スランプ、スランプ、ドクタースランプです!!

3日ほどかかって、壁掛けのデザインを考えてました。
じゃん。

f0254170_11184496.jpg



3日かかってコレ!
構想十年でこんだけ!!
我ながら口から魂がでる思いです。
たぶん半分出て行ったきりです。

それでも、雪だるまに関しての知識は増えました。
これが日本の雪だるま。手ぬぐいに印刷されたデザイン。
f0254170_1125567.jpg


おぅ!ジャパニース!

そしてこっちが北欧のワイプにデザインされた雪だるま。
f0254170_11255125.jpg


もうおわかりでしょうか?
そう北欧の雪だるまは3段がさねなのです。
豆知識、豆知識。

私は日本風に2段の雪だるまを作ってみます。
え?
めんどくさいから???


違いますっっっ!
[PR]
by atelierhitsujikai | 2013-11-27 11:28 | 陶芸のこと | Comments(0)

oh my jinjin

皆さまは覚えておいででしょうか・・・・・。

平成の mad potter きむらとしろうじんじん!!!
f0254170_13453283.jpg


御自身のことを「野点屋」といい、リヤカーに窯と茶道具を載せて全国で楽茶碗を焼き、お茶をたてる・・・・・そして衣装はドラァッグクィ~ン。
素敵!!!素敵すぎるっ!!!
いったい何が私をここまで興奮させるのか、検証するために行ってきましたよ。
兵庫県立杭まで。

素晴らしいお天気と、素敵な景色の中待つこと1時間。
じんじん登場~!
f0254170_1352326.jpg


真っ赤なコスチュームなのに普通のカバン。
坂道を厚底ハイヒールで歩いて登らされて、暑いし息切れするしでかわいそう。

イベントでは、素焼きされたお茶碗に自分で絵付けをして、リヤカーにのってる小さいガス窯で40分ぐらいかけて焼き、それでお抹茶をたてていただく・・・・・という趣向。
ただし、じんじん大人気でその日用意したお茶碗35個じゃ全然足りなくて、でもたぶんその日に焼けるお茶碗の最大数が35個なんやと思われる。

なるべく多くの人に体験してもらいたいから、御家族でひとつ、グループでひとつでがまんしてほしい・・・・・と一生懸命説明するじんじん。

f0254170_13574798.jpg


お茶碗が足りなくて。ごめんなぁ~、ほんますんません。
またイベント企画してもらうし、また来て。
そこ暑いんちゃう?日影はいってなぁ。


すっごいいい人!

しかも、あんな衣装とメイクなのにしゃべりはフツーのオニイチャン。おネエいっさいなし。
ちなみに素顔は男前です。

じんじんインタビュー

運よく楽焼に参加できた人は、好きな形の素焼きのお茶碗を選んで。
f0254170_142152.jpg


テーブルについて、釉薬を筆でペタペタ塗る。
f0254170_1424687.jpg


ああ、すっごい楽しそう!
大人も子供も、夢中で塗ってるし、オッサン(失礼)も何度も茶碗を自分の掌で包み込んで形を確かめ確かめ選んでる。

窯の調整をするじんじん。
f0254170_146421.jpg


お客さんと気さくにお話するじんじん。
f0254170_1464285.jpg


頭の茶筅はどうやって取りつけてるのですか?と聞かれて「木ねじ・・・・・って答える事にしてるねん」だそうです。

イベント会場の看板。巨大な茶筅がステキ~!
f0254170_1485442.jpg


嬉しそうな人、いいお天気の中で私もこんなワークショップがしたいと思った。
陶芸って、本当は2回も高温長時間で焼かないといけなくて、ワークショップがすごくしにくいねんけど、そのぶん出来上がると嬉しいし、大切にすれば一生使えるし。
じんじんさんのやり方はすごく相手の事を考えてる、お客さんを楽しませてるって。


おばちゃん感動したっっ!


陶芸ワークショップはやりにくいし~
その場で完成しないしぃ、汚れるしぃ~
ヘタに扱うと焼く前の粘土は壊れやすいしぃ、ヒビはいるしぃ~


そんなできへん言い訳ばっかりしてたわ、私。

現役カタギの会社員時代も、文句ばっかりいうて出来ない理由を並べる人に対してがぁぁぁっ!!って叱り飛ばしてたくせに!それがクライアントでも。

仕事で思い出したけど、カタギの時はイベント関連の仕事もしてたので、じんじんサポートの仕切りの甘さに怒りを覚えたわ。

あの衣装にお靴であの距離を歩かせるのはありえへんわ。
車だせ!なかったらタクシー呼べ!!田舎やねんから職員のマイカーあるやろに。
それかもっと近くに控室を作っとけっちゅうねん。

お客さんがじんじんに絡んでる。
後でね、ってお願いしてるのにツーショット写真をとらしてほしいって。
10秒だけ!って。
1人やったら10秒やけど、みんなツーショット撮りたがってるねんから収拾つかんようになるのにぃ~。
それもええ年のオッサンが絡んでるんよっ!!
スタッフようさんいてるねんから、じんじんのサポートにつかんかいっ!!


ああ、俺に仕切らせろ!


来年はワークショップやる!!
やった事ない事はやる!!!

まずはドラァッグクィ~ンの衣装から!!(そこ?)
[PR]
by atelierhitsujikai | 2013-11-26 13:43 | おでかけのこと | Comments(0)

kyoto

秋晴れの日。
f0254170_13202213.jpg


南禅寺に友人の陶芸教室の展示会に行ってきました~。
展示会展示会・・・・と唱えながら京都に着いたら すごい人!

紅葉狩りのみなさま。
お天気よかったしね~。
でも紅葉なら我が田舎町でもキレイなのにぃ~。
我が田舎町ももうちょい観光誘致すりゃいいのにね。

展示会看板。
f0254170_13231149.jpg


会場も素敵な場所で、南禅寺・・・・・・って、ガーン!!
しまった、油断した。

京都→古都→寺社仏閣→たたみ→靴脱ぐ

こんな単純な方程式(?)をうかつにも忘れていたわ。
おかげで 自分史上最大にややこしい靴をはいてきたよ。
はくときに爪が折れ、脱ぐときに足がつる・・・・・・(まじで)。
必死に脱ぎましてよ。

お作品。
f0254170_13262854.jpg
f0254170_13262289.jpg


ああ、写真がへたっぴですみません。
磁器のお皿に絵付けなのですが、お皿をロクロ引きして、絵付けも自分でしてはるねんよ~。
写ってないけど、千鳥のお皿もあって、それは鋳込みの型から自分で作ってんて。
ああ、滂沱。

なんのこっちゃって思うかもやけど、ロクロも、鋳込みも、絵付けもそれだけ専門でするぐらい技術が必要で、いったいどんだけ時間がかかったんやろうと思うと、マジで貰い泣きよっ!
誰も泣いてへんかったけどっ!!

お抹茶もいただき、開け放たれたお座敷でお庭も眺められて、すごくいい気持ち。
f0254170_13321480.jpg


お天気よくって、暖かな一日やったからねぇ。
展示会は毎年実施されてるので、来年もぜひ行きたいです。
でも年によっては激☆寒で、ダウンコート着用でストーブの周辺から離れられない年もあるねんて~。


教室の生徒さんの作品で(レベル高い)、作りはった本人もいてはるので、気になる作品はどうやって作ったのかネホリハホリ聞けるので、とても勉強になりました。
作家さんによっては、作り方を教えたくない人もおられるので、今回は遠慮なく聞けて嬉しかった。
お礼に私の作品の作り方もいつでも解説します。(あ、いらん?そうですか・・・・)

帰りに林万昌堂の甘栗買って帰りました。
ここのHPのトップページの栗人形かわいい。

f0254170_13344769.jpg

トリ片口に入れて。
写真が暗いことに気づき、撮り直そうと思ったら、家族に食べられてもう3個ぐらいになってた・・・・・。
[PR]
by atelierhitsujikai | 2013-11-25 13:41 | おでかけのこと | Comments(0)

children of tree

前々から気になってたキノコ展観てきました。

「Children of tree 木の子展」

f0254170_1922096.jpg



陶器でアクセサリーを作る岡野真理絵さんが、キノコのモチーフで作ったブローチ達です。
写真でみるより実際の方が、精巧さがきわだってました!
陶芸でここまでできるのかっ!!と驚愕、そしてなんと魅力的なことでしょう~。
標本仕立てで展示してあって、箱の中にキノコと、そのキノコの説明書きがあるねんけど、すっごく楽しいの!

「食用とされていたが、近年毒性が確認された」とか「生で食べると弱毒性あり」とか。


毒あるんやんっ!


と、つっこみたくなるわ~。
それにしてもキノコってほんま魅力的なモチーフ。
私もキノコ大好きで、もちろん食べるのも好きやけど、あの形がたまらん。
絶妙のかわいらしさ。神様のイジワルっ!

画像をお借りしました~。
f0254170_19232189.jpg


このブログの私のプロフィール写真もキノコなんやけど、これは自分で撮った写真。
たぶんベニテングダケで、発見した時は興奮しましたわ~。

展示は「graf 中之島」で開催されてるのですが、それがまたこじゃれた場所でねえ。
私ごときが入っていいのかためらったわ。

f0254170_19212429.jpg


中はコジャレたカフェあり、コジャレた雑貨あり、コジャレタ事務所?あり、コジャレタお客さんがいて、コジャレタ店員さん、そして奥のスペースではコジャレた人々が、コジャレタ打ち合わせ。
ファッションもこじゃれてますが、打ち合わせ内容もコジャレテる・・・・・。

きっとコーヒーはブラックで、スイーツはダークチョコ(ベルギー)か、マカロン(フランス)か・・・・。
ランチはパスタか、キッシュなんやろな~って・・・・・・・。

若干ひがみながら静かに退場させていただきました。ええ。

展示は明日までなのですが、作家さん本人も週末は来られてるそうなので、ぜひぜひお出かけくださ~いっ!
[PR]
by atelierhitsujikai | 2013-11-23 19:24 | おでかけのこと | Comments(0)

golden fish

動物モノを作るだけじゃなくて、集めるのも好き。
むしろ、集めるほうが先に始まって→作る、に移行したのか。
むしろむしろ、集めるんじゃなくて、気付いたら自然に集まってたのか。

わぁ、かわいい~!ほしい~!と思ったらたいてい動物の形。
そんな中で、今日は我が家の金魚さんにおいでいただいた。

ガラスの金魚とガラスの鏡餅。
f0254170_10261837.jpg

年中この飾りで、一年中オメデタイ感じ。
まあ、私も年中おめでたいので、ちょうどいいかと。

このトンガリ!!
f0254170_10304840.jpg

タイで購入して、よくぞまあ、割れずに持って帰ってきたね。
しかも、私の引っ越しに3回ぐらい付き合ってくれている。

f0254170_1031579.jpg

かわいい~。

そして、後ろにこっそり写っていたこのひと。
f0254170_10265539.jpg

陶器の金魚。
なんとなく買ったけど、よくみたらイッチンとか、金彩とか、デコラティブじゃないですか!骨董品?古いもの?らしいけど、ウソだと思う。
でもかわいいから、どっちでもいい♪

ワイングラス。
デパートの江戸切子展で一目ぼれで購入。
f0254170_102852.jpg


見にくいけど、写真ヘタやけど、金魚が彫られてる。
f0254170_1028846.jpg


ああ、なんてかわいいの!マシュー!!(そうさのぉ・・・・の合いの手お願いします)

そんな感じ~。
今日はコレクションの見せびらかしだけです。
[PR]
by atelierhitsujikai | 2013-11-22 10:31 | 私のこと | Comments(0)

oligerd

とうとう・・・・とうとうこの時がやってきた。

バケツの水が凍ってるっ!!

さあ、いまこそあのセリフを。

ラストニア、私の国。
一年の半分を冬将軍が支配する。
戦え・・・戦え・・・戦うのだ兵士たちよっ!!
城は落ちる、きっと落ちる、私の手に・・・


いかがでしょう?
このセリフを自分のものに出来ているのではないでしょうか、月影先生?
※ガラスの仮面の「二人の王女」上演シーンの中で姫川亜弓さんが演じたオリゲルドのセリフです。
この頃のガラスの仮面は凄かったわ〜。
亜弓さんは努力型女優よ(豆知識)

実際はストーブの前で作業中〜。
魚ができてきた。
f0254170_17294857.jpg

[PR]
by atelierhitsujikai | 2013-11-21 17:29 | 陶芸のこと | Comments(0)

favourite

creemaに登録してるのですが、その機能の中に「おきにいり」ボタンがあるのです。
いいな~って思ったらクリックする。
http://www.creema.jp/c/matagi

で、私の作品も何名かの方が「おきにいり」してくれてて。


うれすぃ~っ!!


いや、全然売れてないんですけどね。
どこかの誰かさんが「いいな~」って思ってくれるだけで、本当にうれしく励みになりますね。

で、このシステムで「おきにいり」ボタンをクリックされるとメールでお知らせがくるんです。
先日も「Creemaより、あなたの作品が「おきにいり」されました」ってメールが来て、ワクワクしながら、どの作品~???と思ってチェックしたら・・・・・・たらたら


自分で間違えてクリックしてました


けっ!!って言いながら外したよ。
けっ!!

ロクロを使わないもの制作中~。
f0254170_18134168.jpg

[PR]
by atelierhitsujikai | 2013-11-20 18:13 | 陶芸のこと | Comments(0)

winter has come

寒い・・・・。

電柵(電器がビリビリってながれる柵)で囲んだところで子象を飼う。
何度かビリビリってなるうちに、電気を流さないようにしても、体が成長して柵を倒せるようになっても、もう象はその柵から外へはでない。

イガイガの栗を素手で拾う。
栗のイガが案外鋭く、しつこく残る。
もう軍手なしでは、どんなにステキはな栗も拾う事はできない。

何が言いたいかというと、


去年は極寒の屋外でやってたロクロ引きが、今年は絶対にできない。

無理。
マジ de 無理。

家の中に巣を作ってロクロを使わない作業を続行中。

f0254170_9471318.jpg


そして家の中をジロジロと眺めまわして、ロクロを置ける場所を探す。
そんな私の目つきはさぞかしイヤラシイことと思われる。


いや、そんな目で私を見ないでっ! by 家
[PR]
by atelierhitsujikai | 2013-11-19 09:49 | 陶芸のこと | Comments(0)

insurance

自動車保険を更新しました。
つまり、なんとか1年過ぎたって事ね。

思い起こせば20年のペーパードライバー時代を乗り越え、手汗を膝で拭きながら、まずは最寄りの駅まで。
何度か命知らずの友人を乗せたっけ。
未だ安全運転という名のノロノロ運転ですがソロソロステップアップしてもいいんじゃねえか?
高速とか。九州一人旅とか。

そんな話を家族にすると恐ろしい話をしてくれた。
私を牽制するために。

高速の入り口に向かって坂を上がろうとスピードをあげたら、信号無視の車が交差点に入ってきた。
急ブレーキだと後ろの車が絶対にぶつかるし、とっさにハンドル切りながらおもいっきりサイレン鳴らして・・・

サイレンて(≧∇≦)

横から来た車もこっちのラッパの音に驚いて止まったからなんとか助かった・・・

ラッパて(≧∇≦)

サイレンとラッパにあまりにウケタので今日はこんなブログです。
孤独な陶芸家のヒトリ笑い。ぷぷぷ。

f0254170_2128159.jpg

[PR]
by atelierhitsujikai | 2013-11-16 21:10 | 私のこと | Comments(2)