price

本焼終わって、ヤスリかけて、必要なら水どめ処理をする。
あ〜、陶芸って粘土こねて、ロクロまわして、窯につっこむだけちゃうんやねっ!!
大変やねっ!!!(いやらしいほどのアピールぷり)

こんな大変な作業をしてぐったり寝込んで・・・・る場合ではなく、ここからも作業は続くのです。
それは値段つけと発送作業!!!

これがねぇ、値段がねぇ

悩みどころ

一生懸命作ったからには一個200万円ぐらいで売りたいとこやけど、そんなわけにはいかず。
考えて考えて、値段をつけるんやけど、今度は「こんなもんでお金をいただいていいのか?」と心配になる。
ああ、乙女の悩みは尽きず。

一個一個値札をつけるんやけど、せめて楽しく可愛くつけてみる。
f0254170_21465927.jpg


マスキングテープが好きで見るとついつい買ってしまってたまっててんけど、こんな風に使えると楽しい(≧∇≦)
白い厚紙の裏にマスキングテープ貼って値札にオサレ感をだしてみた。

どうどう??
オサレ?オサレ??

え?

そうでもない??( ̄O ̄;)
[PR]
by atelierhitsujikai | 2013-12-12 21:53 | 陶芸のこと | Comments(0)