making budda

珍しくマメに写真を撮ってたので、カラフル仏陀ができるまでのPVをご覧ください。
フツーに写真ですが。

①紐作りといって、粘土で紐をつくって一段一段積み上げていきます。
大物なので、いちどに積み上げられないので、ほどよく乾燥させながら、重みで下がつぶれないように。
形ができたら、表面に白い粘土のドロドロを塗ります。
塗ったばっかりでテカテカしてます。
f0254170_124283.jpg


②やや乾いたら、顔料を混ぜ込んだ粘土を丸めたものをひとつひとつ貼り付けます。
グルグル渦巻の陶芸用ハンコがあるので、それを押して仏様のヘアースタイルを表現します。
f0254170_12443085.jpg


③なんだか不安・・・・。へんなヘアースタイルやし。
顔料を入れた粘土も、イマイチ色がはっきりしないので、自分が何色を貼りつけてるのか忘れないようにします。
いちおう「北欧カラー」を意識して、黄土色ベースにカラフルなマルチドット・・・・のつもりやねんけど、不安や~っ!!
f0254170_124650100.jpg


④墨汁であたりをつけて、針で顔を描きます。
f0254170_12501058.jpg


⑤色泥で顔にお化粧を。かわいくなってきた。後ろ頭も。
f0254170_12514368.jpg

f0254170_12521683.jpg


⑥ヘアスタイルのアップ。うずうずです。
f0254170_1253159.jpg


⑦十分に乾燥させて素焼きします(700度ぐらい)
f0254170_1254192.jpg

ちょっとうすらぼんやりした感じになるでしょ?

⑧生粘土の時に針でひっかいた線に黒の顔料を擦り込みます。
お、かわいくなってきた。
f0254170_125518100.jpg


⑨釉薬をかけて本焼き(1200度)して「カラフル仏陀」の完成です。
螺髪もハッキリ色がでておちゃめ!かわいいっ!
f0254170_1342692.jpg

お耳の鈴イヤリングが良く似合ってる!

作りながら、これって仏様を冒涜してる・・・・・と何回か不安になってんけど、今は仏教を啓蒙するために坊主バーとかひらいてるご住職もいらっしゃるとか・・・・・。
そう!
これも啓蒙活動の一環。
こんなかわいい仏様をきっかけに仏教に興味を持ってくれる人がいるかもしんない。
いないかもしんない。

まずはファッションから。
山ガールに続け、仏ガール!!
f0254170_1313156.jpg


仏なだけにパリジェンヌ風??

お後がよろしいようで・・・・・・。
罰あたりませんように・・・・・。
[PR]
by atelierhitsujikai | 2013-10-14 13:07 | 陶芸のこと | Comments(0)